プラズマレーザー治療『ストリーク』について

プラズマレーザー治療『ストリーク』とは?

プラズマレーザー治療機器『ストリーク』は、高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液により高温のプラズマ光球体を作り出し、その熱エネルギーによって麻酔、むし歯治療や歯周病治療、そして歯質強化など様々な歯科治療を行える最新の治療機器です。

プラズマレーザーの熱エネルギーには、神経の感覚を一時的に麻痺させる働きがあるため、ほとんどのむし歯治療や歯周病治療、レーザー治療の適応になる様々な治療、そして歯の耐酸性を高める歯質強化処置も、麻酔をせず痛みなく行えます。

プラズマレーザー治療と通常の歯科用レーザー治療との違い

従来までの歯科用レーザーは低出力の物が多く、むし歯や歯周病に一定の効果はありましたが、治療の補助的に使用する場合がほとんどでした。

プラズマレーザー治療機器『ストリーク』は、レーザーの出るファイバーの先を特殊加工し、酸化チタン溶液を併用することによって、医科用で使用されている最高出力と同等のレーザー出力を実現し、今まで歯科用レーザー機器では不可能だった高温のプラズマ光球体を作り出すことを可能にしたのです。

プラズマ光球体の強力な熱エネルギーによって、従来の歯科用レーザーよりも、虫歯や歯周病に優れた効果を発揮し、レーザーを使用するほとんどの治療で麻酔が不要となりました。

さらに酸化チタン溶液の併用は、発熱と冷却を同時に行っているため、熱による痛みや健康な組織へのダメージも効果的に抑えているです。

プラズマレーザー治療『ストリーク』の特徴

1.歯をあまり削らずにむし歯を除去できる

強力なプラズマ光球体の熱エネルギーと酸化チタン溶液によるプラズマ光の拡散殺菌効果により、細かなむし歯の部分もむし歯だけを効率的に殺菌除去できるため、歯を削る量を最小限に抑えられます。

2.歯の神経を残せる可能性が高い

ドックベストセメント等と併用すると、今まで神経を抜かなければならなかった深いむし歯でも、神経を残せる可能性が高くなります。

3.歯周病治療にも効果的

プラズマ光の拡散殺菌効果により、初期の歯周病はもちろん、深い歯周ポケットがある中度以上の歯周病治療にも効果的です。

4.知覚過敏にも有効

プラズマ光球体の熱エネルギーによって歯の根元を歯質強化すると、知覚過敏の抑制効果が期待できます。

5.抜歯後の痛みを抑えて治りを早くする

プラズマ光球体で殺菌しながら抜歯を行うことによって、抜歯後の痛みが緩和され、術後感染も少なく、治りが早くなる効果が期待されます。

6.根の病気の治療にも有効

根の病気が原因で歯茎にできものが出来、差し歯や土台を除去することが困難で、通常の根の治療が出来ない場合、歯茎から直接できものの内部を殺菌消毒することで、治療できた例もあります。

7.歯質強化にも有効

歯の表面では、歯が酸によりエナメル質が溶け出す「脱灰(だっかい)」と、唾液が歯のミネラルを補給する「再石灰化」という自然の修復メカニズムが日々、繰り返されています。
ところが、このメカニズムのバランスが崩れて、脱灰の方に傾くと再石灰化が追い付かなくなり、むし歯になってしまいます。

ストリークは、その熱エネルギーによって歯の表面のエナメル質や内部の象牙質の耐酸性を高めることが出来るため、脱灰が起きにくい強い歯質にすることが可能です。

矯正前に歯質強化治療をしておくと、歯磨きが難しい矯正中のむし歯予防に効果的です。また、プラズマ光は組織を活性化させる効果があるため、矯正治療中の歯の移動を促進させる効果も期待できます。

8.多くの大学や研究機関の研究結果で効果が実証

ストリークに使用されているNdYAGレーザーは、今までに多くの大学や研究機関で研究が行われ、その効果が実証されています。

9.麻酔効果により痛みの少ない治療が可能

神経を一時的に軽く麻痺させる『麻酔効果』があるため、ほとんどの場合で麻酔なしの治療が可能です。
治療後のしびれや体へのご負担もありませんので、注射での麻酔が苦手な方やアレルギーのある方もご安心ください。

注射麻酔のリスク

  • ストレスや緊張、寝不足などで、息苦しくなったり動悸が起きることがあります。
  • 血管収縮剤が血流を減少させるので、注射を打った場所が貧血状態になり、感染をおこしやすくなったり、治りが悪くなることがあります。
  • 針を刺した箇所の傷や血管、神経を損傷する可能性があります。
  • 心臓、腎臓、肝臓、ご高齢の方、妊婦さんには体への負担が大きいケースがあります。
  • 麻酔注射に含まれる成分で副作用やアレルギー症状が出ることがあります。
  • 麻酔後しばらくは痺れやまひが残り、飲食や会話がしにくかったり、口中を切ってしまうことがあります。

ストリークレーザーの麻酔効果には上記のようなリスクがありません。
体へのご負担も少なく、治療後は多少の違和感が残る程度ですので、すぐに飲食や会話ができます。
どうぞ安心して治療をお受けください。

麻酔注射とレーザー麻酔の比較

ストリークレーザー麻酔

麻酔注射

中毒・アレルギー

なし

可能性あり

治療後の痛みや痺れ

とても少ない

あることが多い

治療後の飲食・会話

すぐに可能

麻酔の痺れが切れてから

麻酔が切れるまでの時間

即時

1~6時間

ご高齢者や妊婦さんへの対応

可能

避けた方が良い

寝不足・体調不良の時

可能

避けた方が良い

細菌感染

少ない

感染する可能性がある

プラズマレーザー治療の費用

※自由診療(保険適用外)

プラズマレーザー治療

22.000~165.000円(治療内容による)

※治療費には消費税が含まれております

「高温のプラズマ光球体の熱エネルギー」と聞くと、なんだか怖いイメージですが、ほとんど痛みを感じることなくどなたでも治療が受けられる、患者さんに安全で優しい治療になります。

ぜひ当院のプラズマレーザー『ストリーク』による、レーザー治療を体験してみてください。

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りください。尚、急患にも随時対応しております。まずはお電話にてご相談ください。

 
09:30~13:00
14:00~18:00
休診日:土日祝

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート アネックス1階
銀座線 虎ノ門駅11番出口徒歩1分
千代田線/日比谷線/丸ノ内線 霞ヶ関駅13番出口徒歩3分