できるだけ
削らない・抜かない
-むし歯治療-

CARIES TREATMENT

むし歯は削らずに
治せる場合も多いです

むし歯になった歯は削って詰め物をするという治療が一般的ですが、そもそもむし歯とは、ミュータンス菌に代表されるむし歯菌による感染症なので、このむし歯菌を除菌することができれば、削る必要がないということになります。この除菌による治療を追求しているのが当院です。
歯は自然に再生する器官ではないので、むし歯菌の出す酸によって溶かされてしまっているものは、元に戻すことができないので治療によって取り除く必要がありますが、可能な限り削る量は最小限を心がけています。

「できれば歯は削りたくない」方のセカンドオピニオンも受けておりますので、ご相談ください。

むし歯の精密な検査

むし歯を削らない、あるいはできるだけ削らないで治療するためには、歯の状態を正確に見極める必要があります。
一般的にむし歯は、見た目や風をかけたり、軽く叩いて刺激を与えたりした際の反応で診断しますが、当院では医療機器による客観的な診断を行います。当院では、歯にレーザーの光をあててむし歯の状態を数値化するダイアグノデントという装置を使用して診断します。
むし歯が深い場合や強い痛み、歯ぐきの腫れがある場合には、歯科用CT(平面的なX線写真とはことなり、あごの骨や歯の根、神経や血管をコンピューター上で立体的に確認できる装置)を使用して検査を行います。
むし歯診断にCTを使用している歯科医院はほとんどありません

レーザーによる先進医療

削らない殺菌治療

歯科治療で使用するレーザーには数種類あり、それぞれに適した用途があります。当院のレーザーは、Nd:YAGレーザーという、むし歯の予防や歯周病治療、疼痛緩和、止血などの効果がある高出力のレーザーに、特殊な酸化チタン溶液を併用することよって、高温のプラズマを発生させ、その熱エネルギーによって効果的にむし歯を殺菌するプラズマレーザー治療機です。

プラズマレーザーの殺菌作用は歯周病治療にも効果的です。

麻酔注射が必要なくなります

一般的な歯科医院では、痛みを伴う治療を行うケースでは、麻酔注射による麻酔処置を行うので、治療中に痛みを感じることはありませんが、この注射を打つ際の痛みも苦手、怖いという患者さまもいらっしゃるでしょう。また、麻酔注射(局所麻酔)には、嘔吐反射や手足のしびれ、アレルギー反応などのリスクもありますし、妊娠中の方には向いていません。

当院のプラズマレーザーは、発生する高い熱エネルギーにより、神経の感覚を一時的に麻痺させる麻酔効果(鈍麻作用)があるため、ほとんどの場合麻酔なしで治療が可能です。

歯を強くする予防効果

歯の表面を覆っているエナメル質は、人体の中で最も硬い組織ですが、酸に弱い特徴があります。日常的に歯の表面では、むし歯菌(ミュータンス菌など)が糖分をエサにして作り出す酸によってエナメル質が溶け出し(脱灰)、唾液が歯のミネラルを補給して再生(再石灰化)を繰り返していますが、このバランスが崩れて溶ける力が強くなるとむし歯になります。

当院のプラズマレーザーが発生させるプラズマ光には、歯の表面のエナメル質やその内側の象牙質の酸への耐性を高める効果があるため、脱灰が起きにくい歯質にすることが可能です。

むし歯を削らない
ヒールオゾン治療

ヒールオゾン治療とは

患者さまに合わせた高濃度のオゾンガスを40~60秒間、歯の表面に照射することで、ミュータンス菌などのむし歯菌を殺菌する治療です。

天然のオゾンには、殺菌効果がある反面、毒性も強いのですが、治療で使われるオゾンにはそのような心配はないのでご安心ください。
カナダやドイツを中心にヨーロッパ諸国や北米で広く行われている治療法です。

ヒールオゾン治療の効果

オゾンには、塩素の7倍と言われる高い殺菌力があり、深さが2mm以内程度の初期虫歯では、歯を全く削ることなく、むし歯菌を殺菌することで治療を完了することも可能です。痛みもありません。

また、ガス(気体)による殺菌なので、詰め物や被せ物の中でむし歯が再発しないための予防や、歯みがきがし難い矯正治療中のむし歯予防にも効果的です。インプラント治療や根管治療(歯の神経の治療)の二次感染を防ぎ、治療効果を高めることも期待できます。

神経を抜かない
ドックベストセメント

ドックベストセメントとは

ドックベストセメントは、むし歯治療において必要以上に削ることなく、ドックベストセメントに含まれる銅イオンの作用で、むし歯菌(ミュータンス菌など)を殺菌する治療法です。

特に、むし歯を削ることで歯の神経に達してしまうようなケースでは、一般的には露出した神経を取る治療となりますが、神経を取ることで歯の寿命は著しく短くなってしまいます。このような場合に、ドックベストセメントでは、削らずに、神経を取らずに治療をすることができます。

レーザーの併用で治療効果を高める

ドックベストセメント治療の前処理として、削らずに残したむし歯菌に感染している歯(歯質)を除菌水とプラズマレーザー療法により殺菌・歯質強化することで、ドックベストセメントの治療効果を高めることが出できます。
通常、ドックベストセメント治療では、感染している歯を残すため、最終的な被せ物を装着するまでに一定期間の経過観察が必要ですが、プラズマレーザーを併用する治療では、状態にも寄りますが、早ければ当日に詰め物を装着できる場合もあります

機能性と審美性に優れた
メタルフリーのむし歯治療

※自由診療(保険適用外)

再発を極力減らすセラミックの詰め物・被せ物

むし歯が再発する原因の1つには、詰め物あるいは被せ物の材質によるものがあります。医療保険が適用される銀歯は、表面に傷が付きやすいことからむし歯菌の住処になる歯垢(プラーク)が溜まる可能性があります。また、経年劣化による変形や歯との接着性の悪さから、詰め物・被せ物と歯の境目からむし歯菌が侵入する可能性もあります。
一方、セラミック製の詰め物・被せ物は、陶器のような材質のため、銀歯と比較してむし歯再発のリスクが少なくなりますし、金属ではないため、金属アレルギーの心配もありません

深いむし歯の治療
(根管治療)

根管治療(歯の神経の治療)とは

図のように、歯は、エナメル質、象牙質、歯髄(神経)という構造になっています。
むし歯が深くなって、歯髄が感染して炎症を起こすと、激痛が走ったり、歯ぐきが腫れたりといった症状を引き起こします。
そのような症状を改善するための治療が根管治療です。感染した神経を取り去り、根管(歯の神経や血管が通る管)内をきれいに除菌した後に、再感染しないようにしっかり封鎖します。

根管は湾曲していたり、枝分かれして複雑な形状になっていることもあるため、根管治療は歯科治療においては、成功率が決して高い治療とは言えない再発リスクを伴う治療です。

当院では、その様な事態を可能な限り防ぐため、治療に関する考え方が共通している根管治療専門医と提携し、高度な根管治療を提供できる体制を整えています。

当院は予防歯科に力を入れて取り組んでいます

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りください。尚、急患にも随時対応しております。まずはお電話にてご相談ください。

 
09:30~13:00
14:00~18:00
休診日:土日祝