失った歯の機能を取り戻したい
-インプラント治療-

IMPLANT

天然の歯に一番近い
インプラント治療

当院は、できるだけ歯を抜かない治療にこだわりを持って取り組んでおりますが、歯周病を悪化させてしまったり、事故による怪我でやむを得ず歯を失うことになってしまった方や、どうしても入れ歯が合わないという方には、インプラント治療が一つの選択肢になります。

インプラントが入れ歯やブリッジと大きく違う点は、あごの骨に埋まっていることです。つまり、元の歯に一番近い形で歯にかかる力を受け止めることができます。歯を失う前と同じように生活できる可能性が最も高いということでもあります。

インプラント治療

インプラント治療とは

歯科で扱うインプラントとは、失った歯の根っこの代替として、あごの骨に埋め込む人工歯根のことです。この人工歯根を外科手術であごの骨に埋め込み、アバットメントという歯の土台になるパーツを取り付けて、被せ物(上部構造)を装着するまでがインプラント治療です。

インプラントは主にチタンあるいはチタン合金で作られており、チタンは生体親和性が高く骨と結合する性質があることから、埋め込まれたインプラントは安定して機能します。

当院では、患者さまにご満足いただけるよう、共通の治療理念を持つ、インプラント専門医との提携をしております。専門医と協力し合う治療体制をとる事によって、より精密で安全性の高い治療を受けていただけます。

インプラント治療の適応症

インプラント治療を行うためには、インプラントを埋め込むあごの骨に充分な量の骨があり、適切な骨密度が必要になります。
また、インプラントはあごの骨に植立されるため、人工歯と歯ぐきの間に歯垢(プラーク)が溜まってしまうと歯周病のような状態(インプラント周囲炎)になり、悪化させてしまうとインプラントが抜けてしまいます。このような理由から、インプラントは、お口の中の環境が良くないと長く使い続けることができません。

ブリッジ治療

他の治療と比較したメリットとデメリット

インプラント治療のメリット

  • 入れ歯やブリッジのように隣接する歯に負担がかからない
  • 元の歯と同じように食事ができる
  • あごの骨が痩せる(吸収される)のを防ぐ
  • 天然の歯と同じような見た目になる

インプラント治療のデメリット

  • 外科手術が必要
  • お口の環境や健康状態によって治療ができない場合がある
  • 自由診療の選択しかないため医療費が高額

当院は予防歯科に力を入れて取り組んでいます

インプラントや残っている歯を永く健康に保つために、歯を強くする予防歯科に取り組んでします。

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りください。尚、急患にも随時対応しております。まずはお電話にてご相談ください。

 
09:30~13:00
14:00~18:00
休診日:土日祝