歯を削りたくない
-ヒールオゾン治療-

ヒールオゾン治療とは

「ヒールオゾン」
(個々の歯のヒールオゾン治療に使用)

「オゾニトロン」
(お口全体のヒールオゾン治療に使用)

ヒールオゾン治療は、塩素の7倍と言われるオゾンの高い殺菌力を利用して、虫歯菌の殺菌を行う治療で、カナダやドイツを中心にヨーロッパ諸国や北米で広く行われている治療方法です。

従来の治療のように虫歯を削って除去するのではなく、オゾンを虫歯に照射することによって、99%の虫歯菌を殺菌しますので、多くの場合、痛みもほとんど無く、麻酔もほぼ必要ありません。

オゾンとは

オゾンという言葉は、最近よく耳にする地球温暖化のニュースなどで、『オゾン層の破壊』や『オゾンホール』などの言葉を聴く機会がありますので、ご存じの方も多いと思います。

元々オゾンは、地球の成層圏(10~50Km)の上層に層を形成し、 有害な紫外線を吸収して、地球上の生命体を守るフィルターの役割を果たしている「地球の宇宙服」と呼ばれる物質です。そして、オゾンには、それ自体に高い殺菌力があります。

その殺菌力に注目して、オゾンを医療に使用する試みは20世紀半ばから行われており、内科や外科だけでなく様々な分野で高い効果を上げていました。

そして、近年本格的なオゾンの発生装置がドイツで開発されたことから、ドイツを中心としてヨーロッパ諸国の医療現場で臨床に応用されるようになっています。

ヒールオゾン治療の特徴

1. 痛くない

一般的な虫歯治療と違い、ヒールオゾン治療は必要以上に歯を削らないので、痛みを感じないことがほとんどです。また麻酔も必要無い場合がほとんどです。(個人差があります。)

2. 歯を削らない(初期むし歯の場合)

ヒールオゾン治療の場合、エナメル質の虫歯の深さが2mm以内の初期虫歯(C0、C1等)であれば、歯を全く削らないで、ヒールオゾンを照射することによって、99%の虫歯菌を殺菌し治療が完了できます。

また、当院で使用している新型のヒールオゾンでは、象牙質の虫歯の場合6mmの深さまで殺菌が可能となりました。

3. 象牙質を再生させる可能性がある

虫歯にヒールオゾンを照射すると、殺菌するだけでなく、オゾンによる化学反応で、虫歯菌で柔らかくなってしまった象牙質のpH(ペーハー)を酸性からアルカリ性に変え、歯質を硬くすることが出来ます。

さらにその状態で、フッ素やリン酸カルシウムを含むMIペーストというミネラルペーストを併用すると、象牙質の再石灰化(歯質を元に戻す作用)が促進されます。(牛乳アレルギーの方は、MIペーストが使用できません。)

4. 詰め物や被せ物のむし歯予防が可能

詰め物や被せ物をした歯が、再度虫歯になってやり直した経験をお持ちの方は多いと思います。

これは、歯を削って詰め物や被せ物を入れる前の歯に虫歯菌が残っていることが多いからです。

ヒールオゾン治療を詰め物や被せ物を入れる前に行うと、残っている虫歯菌を完全に殺菌することが出来ますので、虫歯の再発を予防出来る可能性が高まります。

5. 全ての歯の殺菌が可能

ヒールオゾン治療では、専用のマウスピースとオゾニトロンを使用することによって、数10秒で全ての歯の殺菌が可能で、むし歯予防・歯周病の予防にもなります。

痛みは全くなく、時間も短いので、小さなお子さんからご高齢の方まで、すべての方に使用可能です。(当院では小学生以下のお子様への、お口全体のヒールオゾン治療は行っておりません。部分的な治療は可能です。)

6. インプラント治療後のメンテナンスにも効果的

インプラント治療を受けられた患者さんの中には、インプラントと歯茎の境をお掃除するのが難しいため、インプラントの周りの歯肉が腫れる「インプラント周囲炎」になってしまう方も少なくありませんでした。

専用のマウスピースとオゾニトロンを使用し、歯茎の殺菌を行うと、インプラント治療後の歯茎のメインテナンスにも効果が期待出来ます。

7. 矯正治療中の虫歯予防にも効果的

矯正治療中は、お口の中に針金や多くの矯正歯科装置が入りますので、歯磨きが難しくなります。このため、矯正治療中に、虫歯を作ってしまったり、歯周病になってしまう患者さんも少なくありませんでした。

専用のマウスピースとオゾニトロンを使用した予防を行えば、矯正治療中の虫歯や歯周病予防にも効果が期待出来ます。

8. 歯の根の治療(根管治療)にも効果的

オゾンは、 気体のガスであるため、細かい根の管にもオゾンガスが到達することが出来ることから、歯の根の治療(根管治療)にも効果が期待出来ます。

※写真はイメージです

9. ホワイトニング効果を促進する

オゾンは、歯をアルカリ性に変える働きがあり、このアルカリ化は、ホワイトニング剤に含まれる、歯の色素を分解する成分(過酸化水素)を活性化させる効果があります。

そのため、オゾンを歯に照射してからホワイトニングをすることで、ホワイトニングの反応をスピードアップさせる効果が期待できるのです。

10. ホワイトスポットの改善が期待できる

虫歯ではないけれど、前歯の一部が白く抜けるホワイトスポットと呼ばれる白い点が気になっている方もいらっしゃると思います。

このホワイトスポットは、歯のたんぱく質を遮断する壁(レイヤー)が出来ることによって起こる場合が多いと言われています。

このホワイトスポットに、ヒールオゾンを照射すると、たんぱく質を阻害する壁(レイヤー)を破壊することができ、ホワイトスポットの化学的な環境が変化し、再石灰化を促すことが出来るため、ホワイトスポットを改善させる効果が期待できます。(効果には個人差があります。)

11. 口内炎にも効果的

オゾンには、ウイルス抑制効果もありますので、口内炎などのお口の粘膜の病気にも効果が期待できます。

また、オゾンには血管を広げて、血液の流れを促進する効果があるため、治りを早める効果が期待できます。

ヒールオゾン治療機器について

オゾンは殺菌力が高く有用性が高い物質ですが、反面毒性が強く、扱いが難しいのが問題点でした。

このため、ヒールオゾン治療機では、発生させたオゾンガスが、お口の中に漏れ出さないように、閉回路と呼ばれるシステムでオゾンガスの発生と分解を行っています。

「旧型ヒールオゾン」

個々の歯の
ヒールオゾン治療機

「新型ヒールオゾン」

個々の歯の
ヒールオゾン治療機

「オゾニトロン」

お口全体に使用する
ヒールオゾン治療機

現在、日本でヒールオゾン治療に用いられている治療機には、旧型と新型があります。

旧型は、オゾンを発生させるために周りの空気を使用していたため、オゾン濃度が2,100ppmと低濃度だったのですが、新型は高濃度の酸素を使ってオゾンを発生させていますので、オゾン濃度14,400ppmと、旧型と比べて約6倍の高濃度のオゾンを発生させることが可能になりました。

これによって、従来まではオゾン濃度が低くて深い虫歯には対応できなかった症例でも、治療が可能になっています。

またマウスピースを使用してお口全体をオゾンにより殺菌する最新機種、オゾニトロンは最大192,000ppmの高濃度のオゾンを発生させることが可能になり、より効果の高い殺菌効果が期待できるようになりました。

ヒールオゾン治療の流れ

個々の歯

ヒールオゾン治療の場合、エナメル質の虫歯の深さが2mm以内の初期虫歯(CO、C1等)であれば、歯を全く削らないで、ヒールオゾンを照射することによって、99%の虫歯菌を殺菌し治療が完了できます。

ヒールオゾン機器でオゾンを60秒照射して、虫歯菌を完全に殺菌します。

歯の再石灰化を促進するリン酸カルシウムとフッ素を含むミネラルペースト「MIペースト」を塗ります。その後、引き続き「MIペースト」を、ご家庭で使用します。(牛乳アレルギーの方は、MIペーストが使用できません。)

お口全体

ヒールオゾンをお口全体の虫歯菌の殺菌処置、虫歯や歯周病予防に使用する場合には、オゾニトロンと専用のマウスピースを使用します。

オゾニトロンは最大192,000ppmの高濃度のオゾンを発生させることが可能で、1回2分のヒールオゾン照射で、お口全体の殺菌予防処置が完了します。

その後、ご家庭でフッ素やリン酸カルシウムを含むミネラルペースト「MIペースト」を使用すると、より効果的です。(牛乳アレルギーの方は、MIペーストが使用できません。)

ヒールオゾン治療の価格

ヒールオゾン(個々の歯)

費用

11,000円

施術範囲

1歯

所要時間

30分

※治療費には消費税が含まれております

オゾニトロン(お口全体)

費用

55.000円

施術範囲

全ての歯

所要時間

30分

※治療費には消費税が含まれております

MIペースト(ヒールオゾン治療後にご家庭で使用)

MIペースト価格

4,400円/1本(ミント味)

※治療費には消費税が含まれております
※牛乳アレルギーの方は使用できません

「新型コロナウイルスの

不活化で、

話題となったオゾン

「血液オゾンクレンジング」なんていうのも聞いたことがあるかもしれませんね。
オゾンは、専用の機器を使う事で、お口の中でも様々な効果が得られます。

小さなむし歯を麻酔なしで治療する事はもちろん、当院では予防としてクリーニング後や、
歯の白さアップと予防を兼ねて、ホワイトニング前にされる方も多くいらっしゃいます。

ぜひ一度、当院のヒールオゾン治療を体験してみませんか。
スタッフ一同、心より待ちしております。

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りください。尚、急患にも随時対応しております。まずはお電話にてご相談ください。

 
09:30~13:00
14:00~18:00
休診日:土日祝